ミオンパシーについて

筋肉がなぜ固くなるのかという性質を正しく理解せずに症状に対するアプローチを間違えるといつまでも痛みやコリは改善しません。

 

ミオンパシーは筋紡錘という筋肉のセンサーの”筋肉が自らを守るために固くなる”という性質に注目し、一定時間筋肉にまったく負荷がかからない環境(筋肉をたるませる)を疑似的に作り出し、「もう守る必要ない」ということを脳に認識させます。

 

そうすることでことで「縮んで守れ」という信号が解除され、筋肉は本来のやわらかさを取り戻します。そうすると血管の圧迫もなくなり血流も改善します。血流が改善すれば酸素も栄養も筋肉に運ばれるため痛み物質が出なくなり、筋肉の痛みが改善されるのです。

 

また手の届かない深部の筋肉も体勢によって柔らかく弛められるので、他の治療院では絶対にできない部分の改善が可能です。