pain

痛みやコリは筋肉のロックが原因

 

筋肉に力がかかりすぎて筋肉が壊れそうになると「縮んで守れ!」と信号を出し自らを守ろうとします。筋紡錘と呼ばれる筋肉のセンサーの働きです。しかしこの信号、解除しない限り出続けてしまいます。この状態が筋肉のロックです。

 

ロックした筋肉は縮んで短く太く固くなり血管がつぶされて血行不良になります。筋肉は血液を通じて栄養や酸素を吸収していますが、それが出来なくなると痛み物質のブラジキニンというホルモンが分泌され痛みとなって現れます。これが慢性痛の原因のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば交通事故などで激しく衝突した時に起こる首の「むち打ち」は 衝撃で首の骨が折れるのを筋肉がセンサーがはたらき自ら固くロックして守った現象が残った状態です。しかしいつまでたっても「むち打ち」が治らないのは筋肉のロックが解除できていないからです。

 

 

 

ロックした筋肉はマッサージやストレッチをしてもほぐすことができません。逆に強い力でマッサージ、ストレッチなどの刺激を加えると余計に「守らなくては」と筋肉が認識し益々固くなります。強いマッサージなどすると一時的には血行が良くなることで楽にはなりますが、翌日にはひどく痛くなります(揉み返し)。これはロックが進んでしまい悪化した状態です。しかし気持ちいい記憶が残ってしまい筋肉をさらに強く揉みほぐしたい衝動にかられるのでやればやるほどコリは悪化します。マッサージをする行為はロックした筋肉にとっては破壊行為そのものです。

 

 

© lazyworkspromotion all rights reserved. Proudly created with Wix.com