© lazyworkspromotion all rights reserved. Proudly created with Wix.com

 

pain

痛みやコリは筋肉のロックが原因

 

筋肉に力がかかりすぎて筋肉が壊れそうになると「縮んで守れ!」と信号を出し自らを守ろうとします。筋紡錘と呼ばれる組織の自己防衛反応です。しかしこの信号、解除しない限り出続けてしまいます。この状態が筋肉のロックです。

 

ロックした筋肉は縮んで短く太く固くなり血管が圧迫されて血行不良になると酸素を取り込めなくなり痛み物質のブラジキニンが分泌され痛みとなって現れます。これが慢性痛の原因のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば激しく衝突した時に起こる首の「むち打ち」は 衝撃で首の骨が折れるのを筋肉が自ら固くロックして守った防衛本能の現象が残った状態です。しかしいつまでたっても「むち打ち」が治らないのはロックが解除できていないからです。

 

 

 

ロックした筋肉はマッサージやストレッチをしてもほぐすことができません。逆に強い力でマッサージ、ストレッチなどの刺激を加えると余計に「守らなくては」と認識し益々固くなります。

マッサージなどすると一時的には血行が良くなることで治ったと思い込みますが、翌日にはひどく痛くなりロックが進み悪化した状態になります。(揉み返し)

 

 

 

 

 

強くマッサージを続けるとまた固くなった筋肉をさらに強く揉みほぐしたい衝動にかられるので揉めば揉むほど肩こりは悪化します。マッサージをする行為はロックした筋肉にとっては破壊行為そのものです。

 

 

 

 

 

現代人の食事は全体的に炭水化物(ごはん、麺類、パンなど)が多く総合的に観てタンパク質と脂質不足です。つまり、食事の中心があまりに炭水化物に偏ってしまい身体にとってとても大切なタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが足りていません。また甘いジュース類、スナック菓子、スイーツなどの糖質食品が世の中に氾濫している為、逆にこれらを避けて生活する方がむしろ難しいくらいなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質を食べると血中のブドウ糖濃度が上がり血糖値が上昇します。あまりに血糖値が高くなると、血液はブドウ糖やインスリンによって脂肪に変えられた影響でネバネバになり血の巡りが非常に悪くなります。筋肉は活動するのに酸素を必要としますので血がネバネバになり血流が悪くなると筋肉に酸素や栄養が届かないということになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある程度の運動をして代謝を上げて消費してあげればよいのですが1日中デスクワークなど動かない生活を送っていると血流が滞ってしまう環境にある場合は筋肉に栄養が渡らない状態になってしまいます。

 

本当なら栄養不足で筋肉は動かないはずなのですが、人間の身体は酸素がなくてもブドウ糖があれば活動できるようにブドウ糖をエネルギーに変えてなんとか日常生活に必要な筋肉の動きを行いますが、しかし酸素不足のままでブドウ糖を分解し続けると「乳 酸」という副産物がつぎつぎに作られていきます。

 

この乳酸は非常に厄介もので、乳酸は酸であり、また糖の性質も持っているので、筋肉が次々と酸化し糖化も進行します。糖化とは、糖がタンパク質や脂肪とくっついてしまうことで、みずみずしい赤い筋肉がどんどん干物のような色に変色していきます。わかりやすい例として焼きすぎたパンが焦げて固くなり茶色くなり水分を含まなくなってしまうのも糖化現象の分かりやすい例です。

 

 

血液ドロドロが痛みを引き起こす