© lazyworkspromotion all rights reserved. Proudly created with Wix.com

 

肩痛・四十肩が治らない本当の理由

 

 

 

肩痛は一般的には肩関節の炎症と言われていますが違います。そのほとんどは広背筋などの背中の筋肉のロックしたことにより肩の動く範囲が悪くなった為です。

 

背中の筋肉が固くなってしまったため腕を動かそうとするとその筋肉の末端が引っ張られて痛みを発するのです。

 

あと衝撃性四十肩といわれるものは転倒や衝突などでひどく手を突いたりぶつかったりしたときに起こるものですが肩周りの筋肉が自ら守るためにロックした結果です。わかりやすく言うとむち打ち症の肩バージョンです。

 

これらの肩周りの筋肉のロックを痛いからと言って動かさずに長期間放置していても改善にはなりません。

 

 

ロックした筋肉はリハビリで電気治療・ストレッチをしてもほぐすことができません。逆にストレッチなどの刺激を加えると余計にロックが進み固くなり症状が悪化します。痛みを我慢して無理に腕を引っ張ったり、伸ばしたりすると症状が悪化します。

野球やバレーボールをやっている方などにも同様の症状が現れます。自分の肩の筋肉の能力を超えてパフォーマンスしたことによる筋肉のロックです。腕を後ろに回そうとすると痛みが走ることが多いです。緊張や勢いで自分の限度を超えて投げ込んだり、打ち込むことはよくあることなので筋肉のロックを残したままパフォーマンスするとどんどん症状は悪化してしまいます。

肩が痛いといって肩の筋肉(上腕二頭筋)等をほぐしてもほとんど改善しないようです。実は脇の下から腰にかけてついている広背筋の固さが腕を上げられない原因となっていることがほとんどです。言いかえると背中の固さや猫背が四十肩、五十肩と呼ばれる原因とも言えます。当院では背中の筋肉に加えて、肩周りの筋肉、胸の筋肉、肩甲骨の筋肉、脇の下の筋肉などをゆるめながら肩の動きの確認をしながら施術していきます。肩周りの筋肉は何種類の筋肉に囲まれていますので施術中は筋肉をゆるめる際に多少の痛みを伴う場合がありますが、少しの痛みを我慢したその先には明らかに肩の感覚が良くなっているのが手に取るようにわかるのである意味施術の過程がわかりやすいというのがあります。

肩関節の炎症ではない

自分の能力の限度を超えた結果

肩が痛いからといっても実は肩が直接の原因でない