腰痛が治らない本当の理由

 

腰痛の原因は骨や神経でない

 

よく整形外科で腰痛の原因になるのが腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症です。これらが腰痛の原因ではないということはすでに世界各国の腰痛のガイドラインに表記してありますが、日本はいまだにそれらを腰痛の原因としているので日本の医師はレントゲンやMRIでそれらの画像がないか徹底的に調べます。しかし全く痛みのない健常者も画像を撮るとヘルニアや脊柱管の狭窄が写ることはよくあるありふれた現象であって必ずしも痛みや痺れの原因とは限らないと言われます。

 

 

腰痛の原因のほとんどは腰の筋肉ではない

腰痛の原因は実は腰の部分の筋肉ではなくお腹の深くにある大腰筋という筋肉のロックです。体幹と呼ばれる大腰筋が短く固くロックしてしまうと身体を支える機能を失い立つことさえも出来なくなります。しかし代わりにお尻、腰、背中の筋肉が身体を支えます。しかし次第に疲労してくるとこの筋肉もロックして固くなり痛みを出します。軽いうちは腰の部分が痛くなりますが、大腰筋のロックが一気に進んだりすると立つことも出来なくなるほどの痛みをだします。これが一般的にいうギックリ腰です。分かりやすく言うと大腰筋が攣ったじょうたいになることです。誰もが経験したことがあると思いますが、足が攣ったらのた打ち回るくらい痛くなります。これが深部の身体を支える筋肉になった場合は身体を動かすことさえできないくらいは、おおよそ想像がつくと思います。大腰筋のロックを解除しないうちはいつまで経っても腰痛の痛みから開放されることはありません。大腰筋は背骨の横にあり、背中側には何層も筋肉があるためお腹からしかアプローチ出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牽引療法は腰痛には無効

 

整形外科、治療院で腰痛治療の常識といって良いほど行われる牽引療法は背骨の椎間板の圧力を下げて骨を真っ直ぐに戻すという目的で行われています。これは痛みの原因が筋肉からではなく骨からであるという考えから行われている治療だからです。しかしロックした筋肉が牽引されているということは筋肉にとっては無理やり引きちぎられるという行為にすぎず逆に固さを増してしまいます。牽引後に腰痛がさらに悪化するのは、筋肉が牽引によりロックが強まってしまったからです。世界中見渡してもこのような間違った治療をしているのは日本ぐらいしか有りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹筋運動すると腰痛になる

 

腹筋運動をすると腰痛がひどくなります。大腰筋に一番負担がかかるからです。よく医師から腰痛の原因は筋肉が少ないから、腹筋運動して筋肉をつけなさいと言われますが、筋肉の少ない赤ちゃん、子供には腰痛がありません。逆に鍛えられたプロスポーツ選手の多くは腰痛に悩ませれている方が多いと言われています。筋肉の量が少ないのではなく質が問題なのであって大腰筋のロックが腰痛の原因です。