© lazyworkspromotion all rights reserved. Proudly created with Wix.com

 

​椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症と診断された方へ

 

 

よく整形外科で腰痛の原因にあげられるのが腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症があります。背骨がずれて脊柱管を押し込んで中の脊髄・神経が圧迫されて痛み、しびれがでるというものです。

​椎間板ヘルニアは背骨のクッション材の役割りを果たしている椎間板が飛び出て神経を圧迫して痛み痺れが出てしまったというものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実は神経を圧迫することで痛みや痺れが出てしまったという理論は事実ではありません。このホームページを見た今の瞬間から忘れてください。信じたところで何のメリットもありません、むしろその言葉によって痛みの原因があたかも神経圧迫であると脳が勝手に決めつけてしまい、いつまでも痛みから逃れなくなる傾向にあり、むしろデメリットにしかなりません。

歯医者さんで歯の神経を抜くとか言います。この神経はセンサーの働きをするもので感じる部分を突いたりして刺激すれば痛みを感じたり、取ってしまえば何も感じなくなります。

一方、背骨の神経は脳から各部位につながっていて脳からの信号を伝えたり、各部位からの感覚を脳に伝える為の線です。実際に微弱な電気が流れている電線みたいなものです。

例えば電球と電線でつないで灯りをつけてみてください。電線を挟んだり押したり曲げたりしても灯りは消えることがありません。しかし唯一問題があるとすれば線が切れてしまった場合になります。途中で切れてしまっては電気は通らず全く反応しなくなります。

 

 

 

つまりそれは身体にとってみると麻痺になってしまいます。痛み・痺れは神経がつながっている証拠で、もし背骨の神経に問題が起こってしまったと言うなら麻痺で身体を動かせなくなってしまいます。この二つの神経がゴチャゴチャになっている為、神経圧迫の話が間違いであることが見抜けなくなってしまうのです。

神経が圧迫されて痛みや痺れが出ているという話は整形外科でX線やMRI画像で診断する場合でよく言われていることですが、画像で圧迫が認められていない患者さんでも激しい痛みがありますし、痛みが無くて他の理由で画像を撮った方にヘルニアや脊柱管狭窄症の所見が認められることはよくある話です。椎間板ヘルニアと診断された強い腰痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。ということで腰椎椎間板ヘルニアの画像と症状は関連性が無いという結果もあります。

 

 

しかし病院などではX線やMRIに映るものでしか病名を判定できないので昔から慣例的にそのような説明をしているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みの原因は筋肉が固くなって酸欠や栄養不足によって起こっているのですから、椎間板を削ったりしても本当の改善にはならず実際に医師のすすめで手術を受けた患者さんの多くに術後も痛みや痺れの症状が残ってしまっているのが現状です。

 

痛みや痺れの原因は実は腰の部分の筋肉ではなくお腹の深くにある大腰筋という筋肉のロックです。短く固くなってしまった大腰筋が身体を反らした時に引っ張られてしまい痛みをだすのです。ということはいくら腰の筋肉にアプローチしても患部には全く届いていないのでこの治療を続けているうちは腰痛は一生治りません。

本当の腰痛の原因を特定せずに無駄な治療をしている治療院があまりにも多いのが現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整形外科、治療院で腰痛治療の常識といって良いほど行われる牽引療法は背骨の椎間板の圧力を下げて骨を真っ直ぐに戻すという目的で行われています。しかしロックした筋肉が牽引されているということは筋肉にとっては無理やり引きちぎられるという行為にすぎず、逆に「守らなくては」とさらに固くなります。牽引後はロックが進み腰痛がさらに悪化した状態になります。

これは痛みの原因が筋肉からではなく骨からであるという考えから行われている治療だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​まず検査・カウンセリングを行い、反ったとき・前かがみになったとき、どちら側に違和感を感じるかによって施術方法を変えていきます。日本人の腰痛のほとんどは反ったときに違和感を感じるパターンなので、このタイプに当てはまるときは大腰筋をゆるめ腰痛を改善に導きます。

この大腰筋、お腹の深い位置に存在するので従来のもみほぐす施術方法では届かないので改善できません。ミオンパシーの施術法は身体の深部の筋肉もゆるめることができるので改善が可能になるのです。

前にかがんだ時に違和感がある場合はお尻の筋肉(大臀筋・中臀筋)広背筋、腰方形筋、などをゆるめることにより改善していきます。

 

 

それぞれの症状に応じて施術方法を変える引き出しがミオンパシーにはたくさんあります。