オスグッドが治らない本当の理由

なぜオスグッドは起こるのか

 

正式にはオスグッド・シュレッター症といい、小学校高学年くらいから高校生くらいまでに成長期に多く発症する膝の痛みです。成長痛とも言われています。

 

膝のおさらの少し下の骨の部分がポッコリ膨らんで押すと痛かったり走ったりジャンプしたり屈伸すると痛むのが特徴です。サッカー、バスケットボール、テニス、バレーボール、陸上競技、器械体操の選手などジャンプしたり、走ったりとスプリント系の脚を酷使するスポーツをしてる子供達に多くみられます。中には成長過程で膝下の骨が隆起したりする場合があります。一度隆起したした骨は残念ですが元に戻すことはできません。

 

整形外科ではよく「成長痛だから休みなさい」「やめないと将来歩けなくなる」と言われますが成長している間はスポーツに復帰することができないとなると人生において貴重な時期を棒に振ってしまうことになってしまいます。たまたま成長期の部活動での筋肉を酷使したことが原因で起こっているので成長痛と言われていますが、大人になっても同じような症状が起こってしまいます。

原因は太ももの筋肉(大腿四頭筋など)が衝撃などによる疲労によりロックして固く短くなってしまうことです。太ももの筋肉はおさらを通じてスネの骨にくっ付いているので膝を曲げる時に脛骨にくっついていた靭帯が引っ張られ痛み、ひどくなるとから靭帯がさらにロックを強めて固くなってしまい、いつまでたっても痛みが改善しません。そもそもの原因である太ももの筋肉のロックを外してあげないとこの症状は治りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​実はこのオスグッド運動していない子供にも見受けられることが有ります。特徴としては猫背のお子さんです。猫背は骨盤が後傾して起こるもので、骨盤が後傾すると、どうしても太ももの前側(大腿四頭筋)に負担がかかりロックしてしまうからです。分かりやすく例えて言うと猫背になると中学校の部活動でやった空気椅子トレーニングを普段からしているような状態になってしるようなものです。

 

 

 

 

 

オスグッドはひざだけが原因ではなくそのほとんどに骨盤のゆがみから脚の長さが左右違うことで脚に、より負担がかかっていることがあります。

骨盤が歪んだまま偏った身体の使い方をしてしまっているために膝に負担がかかっていることがあります。足首の可動域の狭さも原因のひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また足の裏の筋肉も固くしているために着地の衝撃をダイレクトに脚にかけているので脚の筋肉のロックを進めているのです。また姿勢が悪いことも身体のバランスを崩すので脚に負担のかかってしまう要因のひとつです。

当スタジオでは太ももの筋肉をゆるめ膝のおさらの靭帯をゆるめ調整します。これで痛みはある程度改善されますが、根本原因の身体の歪み、後傾した骨盤の矯正をしないと再び脚に負担がかかり痛みがぶり返すことがありますので施術の度に検査して歪みを徹底的に改善します。

実は骨盤のゆがみも原因

 

​筋肉をゆるめ骨盤の歪みを調整

© lazyworkspromotion all rights reserved. Proudly created with Wix.com